宅配クリーニング リナビス

2018年7月25日

兵庫にある創業56年のクリーニング店が展開する宅配クリーニングのリナビス。

老舗ならではの職人の手による高品質な仕上がりをウリにしているリナビスですが、具体的にどんなサービス特徴があるのか。

ここでは宅配クリーニングのリナビスについてメリット・デメリットも含めて詳しく解説していきます。

リナビスという宅配クリーニングの特徴

リナビスは宅配クリーニングながら工場には14人の熟練クリーニング職人が1つ1つ丁寧に衣類を仕上げることにこだわりを持っています。

そのため、クリーニングの出し方も基本は5点・10点・20点の3つのコースだけ。

リネットのようにYシャツ1点から出せるようなサービスはしていません。

ただし、その代わり最長6ヶ月の保管など各種サービスが充実している点がリナビスのメリットでもあります。

【リナビスの充実したサービス】

  • 往復の送料無料
  • シミ抜き無料
  • 毛玉取り無料
  • ボタン修理無料
  • 無料クリーニング相談
  • 再仕上げ無料(品物到着後1週間以内)
  • 6ヶ月保管無料サービス
  • カシミヤ、アンゴラ、シルク・麻などの上質素材であっても追加料金なし
  • 2回目以降はリピート割で300円オフ
  • コース以外の点数を出したい場合はどうするの?

    リナビスのクリーニングコースは基本的に5点・10点・20点の3つとなるので、各コース目一杯出すことが可能です。

    ただそうするとこんな疑問も出てきてしまいますよね。

    「20点も出す衣類はないけど15点位にはなっちゃいそう。でその場合は20点コースを選ばなきゃいけないの?」

    この点については10点コース以上の場合は、注文時に1点ごとに追加点数が選べるようになっています。

    ただし、18点以上は20点コースにしまうこと、20点コースは最大5点までの追加が上限として決まっているので、その点は予め注意が必要です。

    リナビスのデメリットはズバリ対応力

    上記からリナビスのHPを見て頂ければお分かり頂けると思いますが、とにかくクリーニングの仕上がりにこだわっているという印象が強いと思います。

    老舗クリーニング店なので技術は確かなものですが、最新機器を使用していないので1日にさばけるクリーニングの量が決まってしまいます。

    そのため、クリーニングの仕上がりは最短で5日からとなっていますが、現状宅配クリーニングの需要が高まっているためかなり時間がかかっているようです。

    その証拠に、この記事を書いた4月下旬の時点でのお届け予定の最短は5月の中旬と仕上がりが約3週間~1ヶ月待ちの状態になっています。

    ちょうど衣替えの時期と重なっていることも原因となっているかもしれませんが、5点コースも一時休止となっているなど小規模運営ならではの対応力不足がデメリットとしてはあります。

    この点については口コミなどでもトラブルに発展しているケースも見られるようなので注意が必要です。

    デメリットから考えるリナビスの賢い活用法

    このように各種サービスは充実しているものの、納期の遅さについてはデメリットは否定できないリナビス。

    頻繁にクリーニングを出したい方には正直むいていない宅配クリーニングと言ってよいでしょう。

    ただまとめて出せる宅配クリーニングの中では、仕上がりもよくてリーズナブルな価格は非常に魅力です。

    そのため、リナビスは衣替えのタイミングなどしばらく使用しない衣類を出す専用の宅配クリーニングとして利用するのがおすすめです。

    ちなみに、リナビスとしてもデメリットとなっている対応力の限界は認めていて、リピートのお客さんに迷惑をかけないよう利用会員数はもともと1万人までと決めているようです。

    この記事を書いた時点では既に9391名となっていましたので、もうまもなく新規注文の受付が出来なくなってしまいますね。

    そのため出来るだけ早く1回利用してみることをおすすめします。